頭頂部の薄毛の改善のために

頭頂部の薄毛の改善には生活習慣の見直しが必要
頭頂部の薄毛は男性型脱毛症の典型的な症状です。頭頂部が薄くなってくると、大抵の人は焦って育毛剤、育毛シャンプー、育毛グッズなどに手を出しがちなものです。

しかし、男性型脱毛症が引き起こされた以上、そこには必ずなんらかの原因があります。男性型脱毛症は男性ホルモンによって引き起こされますが、環境的要因にも深い関係があります。生活習慣の見直しを図ることで男性型脱毛症の症状を抑えることができれば、育毛剤などの育毛効果も得やすくなることでしょう。

血行不良が男性型脱毛症に繋がる
育毛には血の巡りをよくすることが大切です。血行不良は健康的な髪の成長を妨げ、男性型脱毛症を引き起こす場合もあります。そのため、育毛剤や育毛シャンプーには血行促進効果のある成分を配合したものが多いです。

血行不良になる原因の一つが運動不足です。現代人は特に運動が足りていないと言われており、必要に迫られない限りは体を激しく動かさないという人も少なくありません。しかし、運動が不足すると血の巡りが滞ってしまい、それは頭皮と髪にも悪影響を与えることになります。学生時代は授業や部活で運動をしていたものの、就職してからは運動をする機会がめっきりなくなったという人は要注意です。

また、テレビ、ゲーム、パソコンの長時間使用も血行不良に繋がります。画面を長時間眺めていると目が疲れ、体は強張り、首や肩に凝りを覚えたり、眼精疲労を感じたりする人は多いです。こうした悪影響は知らず知らずの内に頭皮と髪にも及んでいる可能性があります。

血行が悪くなると頭皮が少しずつ硬くなっていきます。フカフカの柔らかい土壌では作物はよく育ちますが、ガチガチの硬い土壌には作物はあまり育ちません。これと同じことが頭皮と髪でも起きるので、頭皮を揉んでみて強張った感覚がある人は特に注意した方がいいでしょう。

食生活と男性型脱毛症の関係
髪や皮膚や筋肉や骨など、人間の体の大部分はタンパク質によって作られています。食事から十分なタンパク質を摂取できていないと髪を作ることができなくなり、薄毛の原因になる可能性があります。そのため、薄毛が気になるという人はタンパク質を積極的に摂った方がいいでしょう。ただし、タンパク質は高カロリーのものも多いので、カロリーの過剰摂取には気をつけなければなりません。

その他、タンパク質と同じく髪の材料になる亜鉛、毛母細胞の細胞分裂を活発にするビタミンB群、女性ホルモンと似た働きを持ち発毛を促すイソフラボンなども積極的に摂りたい栄養成分です。