女性の頭頂部の薄毛の原因

女性型脱毛症とは
男性型脱毛症は男性ホルモンによって引き起こされる薄毛のことです。男性型脱毛症は男性ホルモンの一種であるテストステロンが毛根の毛乳頭に入り込み、5αリダクターゼと結びついてジヒドロテストステロンに変化することで発症します。ジヒドロテストステロンは毛母細胞に入り込み、毛母細胞の細胞分裂を抑制し、発毛を阻害するという働きを持っているのです。また、毛周期が乱れて髪の成長期も短くなるため、成長する前に髪が抜け落ちてしまうことになります。

そして、女性にも男性型脱毛症の症状が起きる可能性があります。女性の場合、男性型脱毛症と区別するために女性型脱毛症と呼ばれることもあります。

女性型脱毛症のメカニズム
女性型脱毛症のメカニズムは男性型脱毛症のメカニズムと同じく、善玉男性ホルモンのテストステロンが悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロンに変化することによって発生します。

男性ホルモンは男らしさを司る性ホルモンですが、男性だけでなく女性の体内にも男性ホルモンは存在しています。そのため、女性でも男性と同じく、女性型脱毛症の症状が起きる可能性があるのです。

ただ、一般的に、女性の体内にある男性ホルモンは男性と比べると少なくなっています。また、女らしさを司る性ホルモン、女性ホルモンは女性の体内に多く存在しています。特に若い女性は女性ホルモンの分泌が活発であり、血中のテストステロン濃度は男性の20分の1程度です。

そのため、男性型脱毛症よりも女性型脱毛症の方が発症率は低くなっています。

男性型脱毛症と女性型脱毛症の違いとは
男性型脱毛症では頭頂部や前頭部の生え際など、頭髪の一部が極端に薄くなり、そこから広がっていくという特徴があります。これが悪化していくと完全に禿げ上がってしまうことになります。

女性型脱毛症では頭頂部が全体的にボリュームダウンしていくという特徴があります。抜け毛よりも、髪がやせ細っていくことの方が多いです。

頭皮が健康ならば1つの毛穴から3本の毛が生えてきます。しかし、不規則な食生活、運動の不足、睡眠の不足、加齢、ストレスなどによってホルモンバランスが乱れると髪の成長サイクルも崩れてしまいまい、髪の成長期が短くなったり、休止期が長くなったりします。そうなると毛穴から生えてくる髪が減ってしまい、ボリュームダウンを引き起こすことになるのです。

男性と女性の薄毛のメカニズムは異なるので、女性は女性用の育毛剤を使う必要があります。
参考:女性の育毛剤おすすめは?

頭頂部は普段意識しない場所であり、女性型脱毛症は男性型脱毛症よりも更に少しずつ進行していくといくため、すぐに症状に気づくのは難しくなっています。対策が遅れると改善も難しくなるので注意が必要です。