20代での頭頂部の薄毛、生え際の後退は男性型脱毛症か

男性型脱毛症とは
男性型脱毛症には2種類あり、前頭部の生え際から禿げていくタイプ、頭頂部が薄くなっていくタイプに分けられます。額が広くなってきたり、頭が薄くなってきたりしている場合、男性型脱毛症による薄毛の可能性があります。

男性型脱毛症の原因は男性ホルモンです。善玉男性ホルモンであるテストステロンは5αリダクターゼという酵素と結びつくと、悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンに変化します。ジヒドロテストステロンの働きの一つに髪の成長を阻害するというものがあり、ジヒドロテストステロンが増えると髪が抜けやすくなったり、髪が生えにくくなったりしてしまいます。これが男性型脱毛症が引き起こされるメカニズムです。

男性ホルモンは男性だけではなく女性にも存在する性ホルモンですが、基本的に、女性と比べると男性の方が男性ホルモンの量は多いです。男性型脱毛症は男性ホルモンが深く関わっているため、女性よりも男性がかかりやすいとされています。

また、男性ホルモンの働きは30代以降に衰えていきます。そのため、30代以降に髪のボリュームダウンを感じる人が多いのです。

20代でも男性型脱毛症になる
男性型脱毛症は30代以降に発症することが多いですが、20代でも男性型脱毛症になってしまう人は少なくありません。

悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロンを発生させる5αリダクターゼの量には個人差があります。5αリダクターゼが多いとテストステロンと結びやすくなるため、結果、大量のジヒドロテストステロンが発生することになります。生まれつき5αリダクターゼの量が多い人は若くして男性型脱毛症になる可能性が高いと言えるでしょう。また、5αリダクターゼの量は遺伝により受け継ぐという性質を持っているため、父母や祖父母に男性型脱毛症の人がいた場合は要注意です。

男性型脱毛症の対策
男性型脱毛症には男性ホルモンが大きく関わっています。そのため、生まれつき男性型脱毛症になりやすい、なりにくいという個人差は存在します。しかし、男性型脱毛症は環境的要因によって引き起こされる場合もあります。

栄養バランスの取れた食事を摂り、適度な運動を行い、十分な睡眠を取るように心がけることで男性型脱毛症の発症を未然に防ぐことができます。特に、大豆などに含まれるイソフラボンは女性ホルモンと似た働きを持っており、男性ホルモンの働きを抑える効果があるので、日頃から積極的に摂るようにした方がいいでしょう。